組織サーベイを実施しよう!ビジネスで大切な取り組み

企業構造を抜本的に改善

模型

会社や社員のデータが必要

経営コンサルタント会社に依頼可能な組織サーベイに関する調査では、各種の準備を実施しておくと、効率的に調査が完了します。コンサルタント会社に組織サーベイを頼む際には、まずしっかりと社内のデータや歴史をまとめた資料を用意することが大切です。組織サーベイの調査では、社内の倫理や風土などを細かく把握することから始まります。そのため会社の成り立ちや今までの経営陣の顔ぶれなどがとても重要で、会社の歴史をまとめた冊子などがあると、効率的に組織サーベイの調査を進めることができます。また従業員の細かいデータを用意しておくと、スムーズに組織サーベイの作業を行なうことが可能です。組織サーベイの作業では、まず従業員がどのような環境で働いていて、決定権は誰が持っているのかなどを細かく調べます。そして情報の伝わり方や各種の精度をチェックして、細かく改善点をまとめることになります。基本的にコンサルタント会社では、組織サーベイを行なう際に、一から情報を集めることが多いです。ですが事前に依頼者側である程度の資料を用意してあれば、調査を行なう作業をショートカットできます。そのため調査期間を短くして、費用を少しでも安く抑えたい場合には、事前に独自で各種の調査を実施しておくと良いです。組織サーベイを行なう際に必要な事前調査としては、人材の配置状況や勤続年数の他、離職率などのデータとなっており、従業員一人一人の細かいデータが必要となってきます。

Copyright© 2017 組織サーベイを実施しよう!ビジネスで大切な取り組み All Rights Reserved.